ゼロファクター

ゼロファクターの使い方をちょっと工夫するだけで急に薄くなった説

男性の濃い髭を薄くしてくれたり、伸びを遅くさせたりしてくれると口コミで大人気のゼロファクターローション。使い方を少し工夫するとより効果を感じられると話題になっています。20年以上のロングセラーを誇る商品だけに期待が高まります。今や男性もエステや美容に気を使う方が増えている中で、濃い髭というのは清潔感的にもあまりよく見られない意見が多いようです。しかしエステに通うなど仕事が忙しい方は時間的にも厳しく、金銭的にも高価なものになってしまいます。そこで家庭で好きな時に手軽にできる美容対策として年々人気が高まっているのがゼロファクターなのです。

ゼロファクターの正しい使い方

人気商品なので口コミなどもネット上にはたくさん掲載されています。肯定的な意見が多い中、否定的な意見もちらほら見られました。そこで否定的な意見をよく分析してみるとある二つの事がわかりました。まずは使用した期間の問題。もう一つは効果の理解度の問題。これらを確認できていれば出ては来なそうな否定的な意見でした。一つ目の期間、これは個人差はありますが推奨されているのは2〜3ヵ月の使用なのです。口コミの中には1週間使ったが…1ヶ月使ったが…などとありました。毛には周期というものがあり、生え変わって毛質が変わる時期があるのです。もちろん1〜2週間で効果を感じたとの意見もあったので本当に個人差はあるのですが、一般的には2〜3ヵ月の使用で確実に効果を感じられる、とされています。二つ目の効果、これはゼロファクターは脱毛剤ではない、という事です。生えなくなるのではなくあくまでも「薄くなる」「遅くなる」を目的とした商品なのです。髭自体が柔らかく細くなってきたり、伸びる速度が遅くなったりの効果があるのです。これらを踏まえた上で正しい使い方を見てみましょう。
@普段通り髭を剃る
Aゼロファクターローションを頬から顎までまんべんなく延ばして塗る
B1日数回(おすすめは3回)塗る
C2〜3ヵ月程で効果が現れる、肌のトラブルも解決
以上、髭を剃ってローションを塗るだけ、と本当に手軽な方法で作業は終わりなのです。

更なる効果の為のひと工夫

同じ商品なのにひと手間加えるだけで更なる効果を得られるとしたらとても嬉しいですよね。そんなひと工夫を見つけたので紹介します。ゼロファクターローションを塗る前に行う髭剃り、この時に出来るだけ深剃りをするようにします。そして髭剃り後に洗顔をします。この二つを行う事によってローションを塗る前に毛穴が開いて汚れが落ち、この商品の特徴であるナノジェルローションが毛穴に入りやすくなり、より毛根への浸透がしやすくなるのです。もちろん、普通の髭剃りでも効果はありますがこれで更なる早い確実な効果が期待できる、とされています。

大切な髭剃りの為のオススメ

ゼロファクターにはローションだけでなくシェイプジェルがあります。このシェイプジェルとローションの併用が抑毛効果を高める為に勧められています。ゼロファクターが開発したこのシェイプジェルは抑毛成分を含んだ髭剃りの為のシェービングジェルなのです。普段使用しているシェービングクリームなどの代わりにこのシェービングジェルを使うだけで
含まれている抑毛成分や髭が柔らかくなる成分で普段以上の綺麗な深剃りができるのです。より効果を得られる為の前処理としての深剃りも、このシェービングジェルを使う事によって簡単に肌に負担をかける事なくでき、成分としてもローションとダブルの効果でより抑毛に期待ができるのです。