ゼロファクター

ゼロファクターが最も評価されたポイントと最低のコメントとは

濃い髭に悩む男性に選ばれているのが「ゼロファクター」。目指すのは完全な「脱毛」ではなく髭を目立たなくさせる「抑毛」なのです。もちろん最近ではエステサロンなどでも様々な男性向けのコースの中には髭に関するものもありますが、エステサロンと聞くとやはり敷居が高い・値段が高いという印象があります。ゼロファクターの人気な理由のひとつは自宅で簡単に効果のあるお手入れができるという事です。5αSPのシェイブジェルとローションがありますが発売から20年という長い年月選ばれて続けている中には様々な評価があります。そんな高評価とは反対に必ず出てくる低評価やその理由を探りました。

絶対的な評価

男性の髭を濃くしている原因は5αリダクターゼというもので、これの働きを抑える効果がゼロファクターにはある、とされています。そもそも髭の成長は男性ホルモンによるものなのですが、男性ホルモンだけでは濃い髭は生えません。実はジヒドロテストステロンというホルモンが髭の発毛を促しています。このジヒドロテストステロンは元々の男らしい体を作る男性ホルモンのテストステロンと体内酵素である5αリダクターゼが結びついてできるのです。この5αリダクターゼを抑える効果のある成分を多く含んでいるのがゼロファクターなのです。髭剃り後に使用する5αSPローションには11種類の抑毛効果のある成分があり独自の超微粒子加工とジェルローションという形状で肌の奥まで効果を行き渡らせる事ができるのです。口コミの中でも特に多いのが髭を剃る回数が減った、というものでした。
・2本目です。段々効果が目に見えてきました。全体的に髭が柔らかくなり濃さがなくなってきました。このまま続けます。
・ただいま3本目。1本目でカミソリ負けがなくなり2本目で青ヒゲが目立ちにくくなりました。今は1日2回使っています。髭の伸びる早さが確実に遅くなっています。
・剛毛で1日2回の髭剃りが必要でした。その為に肌荒れも酷くなりニキビにも悩んでいました。使い始めて半年になりますが、まず肌荒れとニキビがなくなり、今では1日1回のシェービングでいれるようになりました。

最低のコメント

いい評価が多数ある中にも効果がなかったという口コミもありました。どんなに良いものと言われてもやはり人によって合う合わないはあるのでしょうか?
・1ヶ月使いましたが、肌の調子は良くても髭が薄くなる気配は全くありません。リピートはしません。
・もうすぐ1本目が終わりますが効果は感じられません。肌荒れの改善だけなら値段も高いので他の商品を使います。
・毎日使いましたが何の変化もありません
このように数こそ少ないですが、否定的な意見もあります。十人十色、もちろん人により肌質により毛質により様々だとは思いますが、このゼロファクターは20年前から口コミで広まった商品だというのは事実です。ではこの否定的な意見の理由は何なのでしょうか…。

効果を感じない理由

効果がなかったと感じた方の話をよく見てみて効果のあった方と比べてみると、いくつかわかった事がありました。
・期間の違い
使った期間に差がありました。ゼロファクターは即効性のあるものではなく、続ける事により少しずつ効果が見られるものです。髭の毛周期というのは1ヶ月〜2ヶ月と言われています。その周期で生え変わるとされているので年齢や生活習慣などを考えると2ヶ月〜3ヶ月の個人差はあると思われます。したがって最低3ヶ月は続けて使用される事をオススメします。
・脱毛できると勘違い
あくまでも抑毛という事で脱毛ではありません。使い続ける事で周期で次に生えてくる髭を遅くさせたり細くさせたり薄くしていくものです。生えなくするものではないので注意が必要です。
・量の違い
あまりに少ない量を使っていたら毎日使っていたとしてもなかなか効果は現れにくいでしょう。使い方を熟知して適正な量や回数で使用しましょう。
効果を感じなかった方には何かしら使い方に理由があるのかもしれません。せっかくですからより効果を得る事ができるように使いたいものです。