ゼロファクター

ゼロファクターは効果なし?本当は知らなかった本当の話

濃いヒゲを薄くしたり、毛質を柔らかく、細くしたりする効果のあるゼロファクター。非常に高い効果を実感している口コミを散見しますが、中にはあまり効果がない、買って損したという口コミも存在します。そこで今回は、本当に効果がないのか、また効果を出しやすくするためにはどうしたらいいのかをまとめました。

効果が得られていない人の傾向

まず、効果が得られにくい人の特徴として多かったのが、即時効果に期待している方です。効果を実感している方の口コミの多くは、1ヶ月から半年以上使用することで、効果が得られている方が多いです。しかし、ゼロファクターに即時効果を求めている人は、1週間程度の使用で効果が得られない為、その時点で自分には合わない、そもそもゼロファクターの効果がないんじゃないか?という判断を下しています。ゼロファクターは脱毛剤ではなく、抑毛剤の為、効果を発揮するのには時間を要します。これは、毛根等の毛に対してのアプローチだけではなく、いわゆる内分泌系のホルモンに対してもアプローチしている為です。公式サイトでも、濃いヒゲに対する即時効果がある商品です、という謳い文句はなく、むしろ何か月単位の使用を推奨しています。

 

この為、即時効果を期待している方が、効果が得られないと表現していますが、これらの方も継続して使用していくことにより、徐々に効果を発揮してくることが考えられます。
しかし、あまり効果が得られていないのに、続けていて本当に効果が表れてくるのか、疑問に思う方もいると思います。ここで、ゼロファクターの作用機序と、最後に口コミを紹介します。

 

ヒゲが濃く成長する過程には、男性ホルモンが深く関係しています。テストステロンという男性ホルモンを、5αリダクターゼと言われる皮脂腺や皮膚に多く存在する酵素が、ジヒドテストステロンへと変換します。このジヒドテストステロンが、濃いヒゲを生み出すのです。ゼロファクターは、この5αリダクターゼを抑制することにより、ジヒドテストステロンの生成を抑え、ヒゲを薄くしていきます。また、5αリダクターゼが毛穴周囲の組織に多く存在している為、経口よりも塗布した方が、局所へ吸収されやすくなります。このような作用機序で、ヒゲを薄くしていくのです。

 

効果が出始める時期が異なる理由についても、このホルモンで説明が可能です。そもそも、男性ホルモンの量自体に個体差があり、テストステロンの量とジヒドテストステロンの量は比例関係にあります。つまり、男性ホルモンの量が多ければ多いほど、変換する5αリダクターゼも多くなります。この為、5αリダクターゼの抑制が少なくて済む方もいれば、多く抑制をかけなければならない方の違いが出てくるため、効果が得られる時期が異なるのです。

 

こうした理由により、短期的な結果を期待する方は、効果が表れてくる前に、効果がないと決めつけてしまっていることが考えらえれます。継続してもやはり効果が出にくい場合には、使用方法や生活習慣を再検討することや、別のケア商品を試してみるのも良いでしょう。

 

以下に、口コミを紹介します。

 

使い始めて2ヵ月経ち、髭剃りの回数が減りました。少し剃らなくても、目立たない程です。エステなどに通う時間もないので、助かっています。(28歳男性)

 

昔からヒゲが濃かったのですが、使用し始めて3ヵ月経ち、頬や首のヒゲがずいぶん薄くなってきました。顎のヒゲはまだ残っていますが、続けていると実感が出てくるので、今後に期待しています。(21歳男性)

 

濃いヒゲをどうにかしたいと思い、色々試しましたが効果が出ず。藁にも縋る思いでこのゼロファクターを購入しました。中々効果が出ず、半信半疑でしようしていましたが、2ヵ月頃からヒゲが薄く、柔らかくなってきたと感じるようになりました。続けることが重要ですね。(32歳男性)

効果を得るために実践しておきたいこと

ゼロファクターの効果を引き出すために、しておきたいポイントはが3つあります。1つは使用前に工夫すること、次に使用頻度、最後に生活習慣についてです。

 

まず、ゼロファクターを使用する前に、毛穴を広げる作業を行います。具体的には、温めたタオルで顔を覆うことや、ぬるま湯で洗顔する方法が良いでしょう。もともとゼロファクターの成分はナノ微粒子化されており、角質よりも深く浸透しやすくなっています。しかし、事前に毛穴をしっかり広げておくことで、より浸透力を向上させることができます。

 

次に使用頻度ですが、公式では1日に2?3回となっていますが、実際に利用した人の感想・口コミを見ると、効果を感じた人は1日に3〜4回使用している方が多いです。特に夜眠る前に使用することが重要です。これは、夜寝ている間にホルモンが分泌され、5αリダクターゼが活性化されるためです。1日に複数回、夜は欠かさずに使用することで、効果が得られやすくなります。

 

最後に生活習慣です。特に注意したいのが、夜の睡眠時間と、その質です。適切な睡眠時間を確保できずにいると、自律神経が乱れ始めます。自律神経とホルモンには密接な関係があるため、ホルモンの分泌量が増減することや、偏りが生じる可能性があります。また、就寝前にスマホ等の明かりを見ると、メラトニンが刺激され、睡眠の質が下がります。これらの要因により、ヒゲが成長しやすくなることも考えられますので、安定した睡眠を維持する必要があります。

 

今回は、ゼロファクターの特にヒゲに対する効果についてまとめました。効果が出る前に使用を中止してしまわないよう、普段の生活習慣や使用方法に注意しながら、継続して使用することで、効果が得られやすくなります。効果を得るには長期間の使用が必要となりますが、諦めずに使用していくことをオススメします。